ENTRY ENTRY

福利厚生・教育制度

福利厚生

・イメージ

仕事をしていく上で、気になるもうひとつの「待遇」。福利厚生は東レエンジニアリング社員の実生活をバックヤードから支えています。新卒入社から結婚、子供の養育、持家取得といったライフステージの場面に応じて、さまざまな施策を用意。例えば、生活のうち最も費用がかかるといわれる住居。独身寮や社宅などがすべての事業場・工場に完備され、安い費用で入居できます。
また、財産づくりのための社内預金制度では、一般金融機関よりも有利な条件で資産を運用できるほか、不測の事態や老後に備えた年金の制度や、慶弔金や各種貸与・給付の受けられる福祉会の制度も充実。
心身のリフレッシュには、スポーツ大会を始めとする文化体育活動の支援、契約保養所など。こうしたきめ細やかな福利厚生施策は、社員一人ひとりの生活費負担を軽減し、よりゆとりある暮らしの実現に役だっています。

福利厚生の制度について
独身寮入寮のとき

独身寮・イメージ

独身寮への入寮を希望する方は担当課へ申し込む(全事業場・工場完備)

余暇を過ごすとき

余暇・イメージ

文化体育活動:スポーツ大会や各種同好会、ビアパーティーなど、事業場・工場により個別に取り組み

保養所を利用するとき

・イメージ

ラフォーレ倶楽部、セラヴィリゾート泉郷、リゾートトラスト、その他契約保養所

病気・ケガをしたとき

・イメージ

・傷病手当金
・高額療養費、福祉会療養見舞金
・傷病見舞金、長期休業見舞金、障害見舞金など

健康管理のために

・イメージ

定期検診、成人病予防対策、人間ドック、メンタルヘルス、保健衛生指導など

保険取扱

・イメージ

・入院保障保険 ・がん保険デイズ ・新グループ保険(生命保険 + 入院保障) ・全労済交通共済など

財産形成のために

・イメージ

社内預金制度
・東レ総合口座、東レ積立プラン、財形制度、持株会など

社宅入居のとき

・イメージ

結婚などで新しく社宅への入居を希望する方は担当課へ申し込む(全事業場・工場完全完備)

結婚するとき

・イメージ

結婚祝金

出産のとき

・イメージ

出産育児一時金、配偶者出産育児一時金、出産手当金、つわり休暇、産前産後休暇、育児休職

マイホーム購入のとき

・イメージ

財形持家転貸融資制度、銀行提携住宅ローン、労金住宅ローンなど

子供の就学進学のとき

・イメージ

入学一時金貸与、育英資金貸与、労金の教育ローン

勤続表彰

・イメージ

20年勤続、30年勤続

退職するとき

・イメージ

定年退職者記念行事、退職記念品、障害退職餞別金

退職後

・イメージ

退職医療共済、退職年金(確定拠出年金)、遺族年金

その他

東レ スマイルサポートプラン

教育制度

当社が「企業を通じて社会に貢献する」ためには、企業としての付加価値を高め続けていくことが重要であり、それは社員一人ひとりの価値を高めていくことにほかなりません。従って、当社では社員を会社発展の原動力となる価値あるかけがえないものとして「人材」ではなく、「人財」と捉えています。
「社員一人ひとりが自分の将来像とそこに向けた能力取得の道筋を描き出し、自分の担当分野で自律したプロとして責任と自信をもって社内外の人達と協働できることを目指す」という基本的な考えのもと、階層別研修を中心とし、個別の課題に対応したテーマ別研修も実施しています。

特に入社後3年間の基礎教育には力を入れ、一人前のエンジニアの道標(チェックリスト)と指導員教育の充実により、ワンランク上の効果を目指した実践教育を提供しています。

教育制度・イメージ

教育制度・イメージ

新入社員の詳細な教育スケジュールは下図のとおりとなります。

教育制度・イメージ

教育制度・イメージ

次世代育成支援対策推進法に基づく
一般事業主行動計画の策定について
当社では、次世代育成支援対策推進法に基づき、育児と仕事を両立できるよう積極的に取り組んできました。
更なる活動の充実を図るため、2016年4月からの取り組みとして、次のとおり「一般事業主行動計画」を策定し活動に取り組んでいます。
計画期間
2016年4月1日から2019年3月31日までの3年間(2019年4月以降は新たに策定)
内容

【目標1】
両立支援を含む 女性活躍推進に関し、更なる風土醸成のため啓発・PRを検討/推進する。
【対策】
社内電子掲示板等での啓発やPRを検討/実施する。

【目標2】
ワークライフバランス・総実労働時間削減の観点から、所定外労働時間削減のための取り組みを実施する。
【対策】
総実労働時間削減に向けた取り組みの中で、早帰りの推進・長時間労働者の個別フォロー・所定外労働時間の削減を実施する。

【目標3】
ワークライフバランス・総実労働時間削減の観点から、年次有給休暇取得促進のための取り組みを実施する。
【対策】
総実労働時間削減に向けた取り組みの中で、連続休暇取得・計画的な年次休暇など年休取得の推進を実施する。