ENTRY ENTRY

社員インタビュー

IoTで、故障の予知が可能なシステムを生み出したい。 IoTで、故障の予知が可能なシステムを生み出したい。

IoTで、故障の予知が可能なシステムを生み出したい。

エレクトロニクス事業本部
第三事業部 事業企画室
工学部 数理デザイン工学科卒
今川 七絵

お客様の驚きの反応が喜び
私が所属している部署は、主に工場の生産管理、工程管理システムの提案を担当。設計から導入後のシステム運用フォローまでを行っています。システム設計は、お客様の作業工程等をヒアリングする中で、何に困っているのかをひも解き、どのようにすれば便利になるのかを考えながら行います。
その中で私は、IoTやビッグデータ解析といった、最先端技術を取り入れたシステムの設計に取り組んでいます。インターネットを通して、機械の故障を判断してメンテナンス作業者に迅速に知らせたり、作業者がいつでもどこでも現状を確認できるようなシステムを設計しています。今後はさらに、機械の故障を予知できるシステムを生み出したいと考えています。
この業務に携わっていてうれしいのは、やはり自分の作ったシステムをお客様に喜んでもらえることです。配属後、初めて担当させていただいた案件では、システムの環境構築など、初めて取り組むことが多く、うまくいかないことが多々ありました。先輩方にいろいろとアドバイスも頂きました。そんななか、でき上がったシステムをお客様にお見せすると、返ってきたのは「おおっ!」という驚きの反応。この時は本当にうれしかったです。
協力し合える環境・風土が魅力

東レエンジニアリングの事業で最初に目に留まったのは、幅広い分野の「ものづくり」に取り組んでいることでした。私は、大学で学んでいた分野に注目して就職活動をしていたのですが、この会社に出会って、さまざまな視点を持つことの面白さに気づくことができました。
そして決め手となったのは、社員が協力し合ってプロジェクトに取り組んでいる姿勢・風土です。これは今でも感じています。部署間を超えて意見交換できるような環境・社内の雰囲気は、とても魅力的だと思います。
就職活動では、自分が楽しいと思えること、好きなことは何かをしっかり考えて、いろんな企業を見てください。私は今、うまくいかないことももちろんたくさんありますが、好きだった「ものづくり」ができ、楽しいと感じられることを幸せだと思っています。競争相手が多いですが、周囲を見るのではなく、自分と向き合って自分を相手に伝えることです。私は学部卒のため、大学院卒のライバルを見て焦ることもありましたが、関係ありません。自分のことを、焦らずにしっかり伝えれば、伝わるものです。
夢は、地図に残るような巨大プラントを自らの手でつくること。 夢は、地図に残るような巨大プラントを自らの手でつくること。

夢は、地図に残るような巨大プラントを自らの手でつくること。

エンジニアリング事業本部
プラント事業部 プラント技術部
理工学研究科卒
松下 洋人

初の長期海外出張はアメリカで6カ月間
プラント機械設計を担当しています。設計は、3Dを用いて現物とほぼ同じモデルをつくっていくことができ、面白さがあります。
入社以来、一貫してプラントの機械設計を担当しています。初めての長期海外出張は2016年、アメリカでした。2016年3月から6カ月間、大型プラントの現場での工事管理を行ったのです。
そのプロジェクトに関わったのは、前年の6月から。設計に携わったのが始まりです。現地では、プラントの機器据付・配管工事を建設当初から確認します。自分が設計したものと同じものが実物になっていく過程を、実際に目の当たりにすることができました。
現場では、建物のずれによる配管との干渉などトラブルも発生しましたが、業者や周りの人、日本にいる先輩たちの力を借りながら解決していきました。配管設計時には思いつかなかったことも現場では発生するのだと改めて実感し、非常にいい経験ができました。 現在は、新しくメキシコに建設するプラントの配管設計・機器調達を行っています。
プラントの“最初から最後まで”が魅力

就職活動では、地図に残るような大きなものを造ってみたいと思い、プラント関係の会社を探していました。さまざまなプラント会社の説明を聞きましたが、大手のプラント会社では作業を分担しており、最初から最後までプラント建設に携わることができそうにありませんでした。
しかし、東レエンジニアリングは、設計段階から機器発注、建築、工事まで一貫して携わることができます。その経験をすることで、プラントが完成したときに味わう達成感にとても魅力を感じました。
会社の事業説明に加えて、実際に働いている社員の方の話などを聞いて、本当に自分のやりたい仕事を行うことができるかを見極めてください。
お客様専用の「一品一様」をつくるための難しさと面白さ。 お客様専用の「一品一様」をつくるための難しさと面白さ。

お客様専用の「一品一様」をつくるための難しさと面白さ。

エンジニアリング事業本部
産機事業部 産機・エネルギー営業部
国際社会学部 国際社会学科卒
岡村 知美

初のFA営業で奮戦!
医薬・食品・化粧品などのライフイノベーション分野のお客様を中心に、工場の自動化提案を行っています。お客様の要望・困りごとを聞き出し、それを具現化していくことは難しさもありますが、そのお客様専用の「一品一様」のため、面白さや達成感も感じることができます。
菓子製造メーカーの工場自動化要望のお話を頂いたことがあります。お菓子の箱詰めと、箱の外周にリボンを結ぶ工程があり、従来は作業者で行っているのを自動化したいという依頼でした。入社以来営業担当ですが、5年目にFA営業に異動し、初めてFAで受注したお客様です。東レエンジニアリングにとっても新規のお客様という、“初めてづくし”の案件でした。
限られたスペースの装置レイアウトは、実際の工場現場で、お客様と相談しながらラインを構築。軟体包装品の高速集積に関しては、お客様から商品サンプルを頂き、実際の生産時も立会い、トライ&エラーの繰り返しでしたが、非常に手強く、引き渡しまでの工程が予定より延び、お客様には多大なご迷惑をかけてしまい苦労した案件でしたが、営業担当として、現場に赴いて技術のお手伝いをしたり、またお客様の担当者とも話をし、良い雰囲気をつくることを心がけました。最後まで対応したことはお客様の評価につながり、現在、次の案件の相談も頂いています。営業・技術ともに良い関係を構築できていると感じています。
視野を広げて、成長につながる会社選びを

私の就職活動は、超氷河期と言われた時でした。そのため、業種は絞らずに、いろいろな企業の説明会に出席し、先輩の話の場にはなるべく参加しました。
東レエンジニアリングは、国内だけではなく海外への展開も積極的であり、またエンドユーザーもさまざまです。だから、いろいろなことに取り組み、新しい発見や視野を広げることができ、自分自身が成長することができるのではないかと思い、興味がわきました。今は、学生生活では知らなかった業界や商品、知識を日々得ることができています。
就職活動は、いろんな企業を知り、いろんな人の話を聞ける絶好のチャンスだと思います。せっかくの機会ですから、あまり視野を狭めずにいろんな人のアドバイスを聞きながら、自分のペースで進めることをオススメします。息抜きもたまにして、自分らしく着飾らずに頑張ってください。
企業の垣根を超えた連携プロジェクトで、最先端の部材に挑む。 企業の垣根を超えた連携プロジェクトで、最先端の部材に挑む。

企業の垣根を超えた連携プロジェクトで、最先端の部材に挑む。

エレクトロニクス事業本部
第二事業部 技術二部
機械システム工学科卒
北村 賢

まわりとの協力で解決していく達成感
半導体実装装置(ボンダー)の設計、製作を担当しています。お客様側の用途としては、スマートフォンやPC用のデバイスを生産する装置です。より高精度、高速化が求められる生産現場で、お客様に満足いただける装置を納入することが使命です。
お客様は普段よく耳にすることがある世界的な企業も多く、自分の設計した装置がその企業を支え、身近で製品が使用されているところを見ると感動を覚えます。
これまでで印象に残っている仕事は、入社6年目に担当した液晶テレビ用部品のプロジェクトです。当時最先端の部材を使用した製品であったため、これまでとは異なる製造方法が必要でした。そこで、お客様をはじめとした関係企業のプロジェクトグループを立ち上げ、各社担当が一丸となって、製造方法の確立から模索し評価を行っていきました。
そして試作を繰り返した結果、ついに安定して製造可能な方法を見つけることができ、量産用の試作機納入に至ったのです。熱の影響を受けやすい部材でしたが、部材メーカーもプロジェクトメンバーであったため、改善策を綿密に打ち合わせをし、装置設計を行うことができました。
自分の仕事の役割を超えた先、他の部署や他社と協力し難題を解決していく達成感を感じ、大型プロジェクトに東レエンジニアリングの担当として参加できたことが自分の自信にもつながりました。
社員の雰囲気が魅力的だった会社説明会

就職活動では、自分のこれまで勉強してきたジャンルの企業と、本当に自分がやりたい異業種の企業それぞれで活動しました。東レエンジニアリングは、機械設計の知識を活かせる企業を探している時に見つけ、会社説明会に参加したのがきっかけです。社員の方々の雰囲気が柔らかく、就活時期特有のピリピリした気持ちが和んだのを覚えています。
仕事のやりがいや能力を活かせること以外にも、長く働くことを考えると、働きやすい環境や人間関係が重要と感じ、他社の内定を断り入社を決めました。
長い目で見て働きやすい会社かどうか、説明会や面接で注目してみるといいと思います。社員の雰囲気や態度、見た目などを自分に置き換えた時にしっくりくるかどうかも重要なポイントだと思います。